その雇用大丈夫ですか?

日本では現在、人手不足の影響で外国人を雇用する事業主様が増えています。

しかし、在留資格制度をよく理解しないまま、日本人を雇うような感覚で外国人を雇用することはとても危険です。

適法な在留資格を得させることなく外国人を雇用し就労させた場合、「不法就労助長罪」(入管法第73条の2第1項)に該当し、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処せられる可能性もあります。

外国人のビザ・在留資格の申請に多く携わってきた、入国管理局取次者の行政書士が、貴社の外国人雇用について的確にアドバイスいたします。

お問い合わせ

お問い合わせはメールかお電話で

メールはこちら(24時間365日対応)

お電話は 050-3699-9880(10:00 AM〜7:00 PM、水曜・土曜定休日)

– 中国人スタッフによる中国語対応可能 –